自動車重量税、通称重量税というものは、国内メーカーの自動車でもアメ車等自動車の生産国やミニバン、ステーションワゴンなど車の形状も例外なく、スズキやGM、などにも通常負担が必要な税金なんです。新車を登録する際あるいは車検の場合に支払いが発生するものなのです。その金額はそれぞれのクルマの車重毎に決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」ではまったく別の税金ですから、基礎を理解して勘違いしないようにしましょう。「自動車重量税とは重さで」「自動車税というものは総排気量で」金額が違います。それで、売却する時の待遇も異なってきますし注意しましょう。自動車を手放す時には既に支払った車の税額がいくらあっても、その額が返ってくるようなことはないですが、一方自動車税であれば支払った金額を買取額に上乗せしてくれるといったケースがあるものの重量税の場合は上乗せしてくれるという場合はなかなかないのが現状です。重量税については、すでに支払った税額があると言っても車の買い取り専門店側でそのことが配慮されることはまずないです。ですので次回の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで処分を少し待ち買い取ってもらうのがベストです。自動車引き取りの際は考慮されないのが重量税ですがある条件の事例では返ってくることもあります。その時は、車検が残っている廃車にしてしまう場合です。廃車登録をした場合残存期間に従って額が戻ってきます。ただし車の買い取り時はそのクルマが廃車になるのとは違うので還付されません。そしてクルマの名義変更をしてしまった場合や、盗難被害に遭ったケースなども返還してもらうことはできません。自動車重量税の残存期間がある車を手放すことは、要は車検の効力が残っている車ということです。その辺りを買取側も配慮しますから、重量税が残存していれば少しは査定額が上乗せされるでしょう。もちろん売却額は店によりまちまちなのですが車検がまだあることが考慮されれば手放す自動車の買取金額と比べるとあまり割に合わないということもありません。

Copyright © 2002 www.tajgames.com All Rights Reserved.